読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「地方巡察」11章へのご感想にお返事

お返事

「地方巡察」11章にご感想、拍手をいただきました。

ありがとうございます。

 

風邪引いて寝込みながら根性でUPしちゃったので、内容どうだろうと心配だったですが、いちおう週一更新で毎土曜日の夜に公開してきたので、同じペースで読んでいただきたいなと思い……見切り発車の感が否めません(TдT)

読みにくかったら申し訳ないです。

 

> 07/11 17:24 親父が超~胸くそで、ぶっとばしてやりたくなりました! ジェレフ、よく耐えた! でも、あまりにも胸くそなので、ジェレフに成敗しちゃって欲しかった気もするし、この先、彼が何かひどい目にあうように、心底祈ってます。

町長やっと登場でした。おっちゃんも何故かというか美形種族なので必要もないのに美貌です。もうホント、作者もどうしようかと困っています。しかもただの悪い人だ(;´Д`) うちの作品に出てくる悪役って、主人公より人気が出たりっていう事がある系統のものが殆どなんですが、町長はストレートに読者さんに憎まれているようです。

ジェレフは我慢しなかったほうが良かったでしょうか。キレそうになってましたものね。どうもこの作品、キレそうでキレられないジェレフを楽しむものだというのが、書きながら分かってきました。それが読者さんにも楽しいのか、すごく心配です(汗)

 

> 07/11 19:42 これが地方巡察でのジェレフの戦い方なんですね、しびれました。

ジェレフ、特殊な公務員として頑張っています。

竜の涙は、私闘してはいけないという掟があるので、ジェレフは我慢しているのです。あと、仕事で来てるので、仕事先の人と喧嘩はできないですもんね。大人ってツライです。

こういう嫌な感じが、とってもなんだかリアリティがあります。。こういうの、現実でもある。。

ありますね。仕事先で理不尽な人を見かけたりすると、すごくモヤっとしますね。

現実には、そのモヤっとはモヤモヤのまま飲み込んでいくしかないことが殆どですが、この作品はフィクションなので、スカッとするオチもありなはずなんですが……。

「地方巡察」は私が、モヤッとする話が好きだった頃にプロットを作ったものなので、あんまりスカッとしないかも…………すみません。ネタバレか、これはorz

作者もすごくモヤモヤしながら書いています。ジェレフのモヤッとする出張に、オチまでお付き合いいただけると嬉しいです。

 

続き、独り言ですが。

「地方巡察」の構想をいつ頃、練っていたのか、すでに記憶がおぼろげなのですが、原稿ファイルの作成日などから、「海猫の歌」とか、「名君双六」とかを書いていたのと同時期だったと思われ。「名君双六」は痛快な傾向の作品として書いていたけど、「海猫の歌」は、どうしようもなくモヤっとする救いのない話でした。

痛快なのを書くと、反動でモヤっとしたのを書きたくなる性癖があるみたいで、「地方巡察」もたぶん何かの反動で書いた、モヤっと系だったのかなあと思います。

そんなのをリハビリに書いていると、ただ単にモヤっとするばかりでツライ(;´Д`)

たぶん、読者様の大多数は、痛快であるとか、明るく楽しい話がお好みかなと思うので、私はそういうニーズに合った、スカッと爽やかな読み口のものをメインに書いて、モヤっとは1人でゴソゴソ書いて、そっちも読みたいわっていう奇特な読者様向けにコッソリ公開させてもらう程度にするべきなのに、ブランク明けリハビリ中の今、モヤっと系「地方巡察」しか原稿がないという心苦しさったら無いわ!!

「地方巡察」を脱稿したら、スカッと爽やかな作風のほうに戻りたいなと思っています。そうなるといいな……。